トラクターの買い替え


農家にとって必要不可欠と言っても過言ではない農機具の一つがトラクターです。田畑の規模が大きくなるほど、トラクターの必要性は高まります。トラクターには様々な種類、大きさのものがあり、使い道や頻度によっても違いますが、20~30年同じトラクターを使っているという農家も多く、あまり頻繁に買い替えるものではありません。トラクターは数百万円から数千万円と、決して安いものではありません。そのためメンテナンスや修理を行いなるべく長く使えるようにする人が多いでしょう。しかし故障や老朽化などで、必ず買い替えるタイミングは来るものです。

トラクターなどの農機具の購入費は、農業に必要な経費として計上することができます。そのためトラクターの買い替えを行った場合、それを確定申告を行う際に申告する必要があります。またトラクターは軽車両扱いになっているため、路上を走行しない場合でも軽自動車税がかかります。農業をやめたり故障などで使っていない場合でも、所有していれば税金を納める必要があるので注意しましょう。トラクターを買い替える際には、これらのお金の問題についても考慮する必要があります。少々複雑なルールもあるため、よく知らないという人も多いのですが、買い替えの仕方やタイミングによって大きく損得が変わる場合もあるので、計画的な使用や買い替えを心がけるようにするのがベストです。買い替えの時期や得する方法について説明します。